ACTIVITIES

犬の保護活動について

当事務所では、殺処分ゼロに向けた犬の保護活動を応援していきたいと考えています。

我が家には、3年前に宮古島からやってきた保護犬、ポテトくんがいます。

保護犬 ポテトの写真

彼が我が家で一緒に生活できるようになるには、宮古島現地での保護、一時預かり、

東京までの搬送、東京での一時預かり、譲渡会の設定、動物病院での検査…

などなど、本当にたくさんの方々に支えられて実現しました。

当時は、散歩のために我が家の門から一歩出ることが

彼にとって大きな勇気がいることでした。

少しずつ少しずつ、もう安心なんだよと言い聞かせ、今ではお散歩大好き犬です。

佐野郁税理士事務所では、一人でも多くの方に保護犬について

知っていただき、犬と生活しようと考えたときに

保護犬という選択をしていただけるように

保護犬との楽しい生活をお伝えしていこうと思います。

保護犬 ポテトとの生活

保護犬 ポテトが笑顔の写真

ポテトは来月4歳になります。

といってもはっきりと誕生日が分かっているわけではないので、多分10月生まれという感じです。

我が家にもすっかり慣れ、常に我が物顔で生活しているポテトですが、動物病院にはどうしても慣れません。

来たばかりの頃に、パピーパーティーなどに参加させたこともあるのですが、

もの心ついてからは、優しい先生も看護師さんも怖くて仕方ないようです。

先生と相談して、将来的に少し具合が悪いくらいの時は、病院に来なくても

電話で相談し、お薬をもらうことにしました。

そのために、今フィラリアのお薬をお肉タイプのものから普通の錠剤に変えて、飲み込む練習をしています。

賢いポテトは、ご飯に隠しても薬だけ残します。

根気が必要ですが、今のうちに頑張ってお薬が飲めるようにトレーニングしています。

CONTACT

お問い合わせ

ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。